システムの概要

会計ホワイトBOXは、これまで財務会計の仕訳データから作成してきた管理会計データを、 財務会計の仕訳以前のタイミングで会計データを蓄積し、 それを分析データとして活用できるようにしたツールです。

管理会計データとして取込みの対象となるものとしては、 基幹システムなどから取り出す仕訳の元データをはじめ、 会計仕訳につながらない数値データ(人員や数量など)なども含まれます。

1 概要図

概要図

2 動作環境

会計ホワイトBOXは、データベースサーバーとWebおよびローカルのアプリケーションからできています。

(1)運用イメージ 1

管理会計データを他のシステムのデータベースから直接インポートし、その結果をBIツールなどで取り出し活用します。

この場合、インポートプログラムはサーバーサイドでタクスを使って自動実行させます。また、BIツールや帳票作成ツールからは会計ホワイトBOXのデータを直接参照し、利活用することになります。

(2)運用イメージ 2

管理会計データをcsvデータでインポートし、その結果は財務会計の仕訳データとして取り出します。

この場合、インポート、エクスポートプログラムはともにローカルサイドで実行することになります。

(3)マシン・OS要件

種類 説明
サーバー SQLサーバーとIIS(ASP)が稼働する
WindowsマシンとOS
Windows Server2003、
2008、2008R2
Windows XP Pro、7 Pro
データベース MS SQLサーバー Expressエディションでも可
(但し4GBの制限あり)
MS SQLサーバー2005、2008
クライアント WindowsOSで、.NET Framework4.0以降 Windows7など
ブラウザ Mozilla Firefox
Google Chrome
Internet Explorer
Safari※
一部WindowsSafariのバージョンにより
動作不良があります。その場合は
他のブラウザをお使いください。
Chrome推奨
Ipadでもダウンロード
機能を除き動作可
ページのトップへ戻る